中国留学情報


1.留学先大学の選び方

①地域性など

  • 中国への語学留学の場合、教育の現場では全国統一の教科書(橋梁、发展汉语など)を使用する事が多いためどの大学で学んでも教え方に大きな差が無いと言える一方で留学生が多い少ない、大学の歴史、理系大学と文系大学とでは学習環境に違いがあります。(理系の大学では初級レベルのみを教えるところもあります)一般的に留学生が多い大学は、受け入れ体制が整備されていると言えます。

     

  • 中国は国土が広く北京語以外に方言が多く存在しますが、広東語上海の話言葉(上海弁)がその代表です。これらは普通語(北京語)とは全く別物です。広州や上海の大学でも老师は普通語を話しますが、学外で耳から中国語を覚えると言う点で言えば、やはり普通語を奇麗に話すと言われる大連などがお勧めです。(※広東語は中国でひとつの独立した「言語」として認知されていますが上海の話言葉は方言に過ぎません)

②気候や生活環境

  • 中国への留学ではPM2.5の多い地区は避けたいものです。空気が悪く喉の痛みを訴えたり、咳き込む日本人がいます。気候で言えば中国東北地方の冬の寒さは厳しですが大連の冬は寒いですが北京はもっと寒いです🐼上海など長江沿いの都市や広東省など南部の夏は酷暑です。中国四大ストーブと呼ばれる南京、済南、武漢、重慶はいずれも長江沿いに位置し夏場は35~40℃の日が続きます。※大連の緯度は仙台市と同じ位です。寒さが極端に苦手と言う方は、秋学期(9月-12月)に東北地方への留学は避けた方が良いでしょう。
  • 中国は大都市ほど治安が良いと言えます。中国は警察(政府)が強大な権力を持っているため犯罪者が表立って暴れる事もありません。銃の所持は勿論禁止です。(治安が特に良いとされる都市:北京、上海、天津、大連、蘇州、杭州)
  • 中国の大学の教室や寮は全般的に古いです。理由としては日本の大学のように、少子化の中で常に施設をリニューアルしなければ人気が無く新入生を獲得できないと言う競争がないからです。(中国の大学は実質全て国立大学です)綺麗好きの日本人が中国(海外)へ留学するとトイレやシャワールームの環境に幻滅する方もいます。大学選びにあたってはこの辺りも重要なポイントになるかもしれません。
  • 物価の違いは「寮費」に代表されます。大連にある大学の多くが1人部屋80~100元/日に対して北京や上海の大学は150~250元/日が相場です。(大学や滞在期間によって違います)


2.大学での受業について

分班考试(クラス分けテスト)

  • 入学手続きが済むと直ぐに簡単なクラス分けテストがあります。テスト終了後の面接時に、講師が「何年くらい中国語を勉強していましたか?」などと聞いてきます。後日クラスが発表されますが、日本人は『読む』『書く』で点数を稼げるために、ヒアリングや喋りを含めた全体の実力よりも上のクラスに振り分けられる傾向があります。授業が始まって最初の2日間位は他のクラスを見学する事ができるので自分に合ったクラスを選びましょう。

受業の進め方

  • 総合課(基礎)、口语课(会話)、听力課(聴解)の三つを基本として、各課それぞれ4~6コマ(2~3日間)かけて一つの課をこなして行きます。各課で新たに使う単語についてのみ英語併記があります。(名詞、形容詞、動詞、副詞の識別があります)まずは単語の発音を練習し講師がその意味を解説して行きます。

     

  • 听力課以外では老师が本文を一度朗読した後に学生を順番に指名し一段づづ朗読させたりします(発音練習)。教科書本文の内容を理解できているかをチェックするため、段落毎に要点を質問されたりします。また、課毎に練習問題があり宿題として出された場合は次の授業で答え合わせを行います。大学によっては黒板とは別にプロジェクターを使う場合もあります。

     

  • 口语课(会話)では教科書に沿った会話形式の実践として、小グループに別れ各自が教科書の登場人物の一人を演じたりします。最初は教科書見ながらでも構いませんが(舞台の台本合わせのように)、段々と教科書を見ないように仕向けられる他、テーマを少し変えたアドリブの会話を求められたりもします。(老师にもよりますが、、)

初歩からでも大丈夫ですが、、、

  • 全く話せない状態で留学される方もいらっしゃいます。特に初級は授業の進め方がスローですから心配は要りません。日本人の場合、漢字を使うため文章は何となく理解できるはずです。但し留学を決めて渡航するまでの間は会話本などどに目を通して出来るだけ多くの単語を身に着けるようにしましょう。そうでないと初級スタートでも自分自身が苦労します。「教科書には日本語が併記してあるの?」と問合せを受けますが、初級であろうと日本語表記はありません。※大学は日本人向けの語学学校ではありません。

中国語は世界一難しい言語?

  • 一般的に中国語は最初は入り易いが奥が深く、勉強すればするほど難しいと言われます。中国語は世界一難しい言語とも言われています。しかし!日本人は漢字を使うため「書く」「読む」についてはアドバンテージがあるわけですから他の国から来たクラスメイトに負けるわけにはいきません。

3.中国でHSKを目指す方へ

HSKの4級は中国語検定3級、HSK5級が中国語検定2級~準1級相当レベル

 

  • 中国語検定3級は学習目安が「一般大学の第二外国語における第二年度履修程度、常用語が1,000~2,000」中国に語学留学した場合、大学側は「1年でHSK4~5級」、「1年半~2年でHSK6級」が取れると言っています。

     

  • 留学前にHSK4級程度の実力がある方は1年でHSK6級を取ってしまう方もいらっしゃいますが、個人差があります。HSKの5級と6級で重要なのは過去問題に取り組みです。日本人が苦手なヒアリングの他に文章を組み立てて書く練習にも力を入れましょう。HSKのレベルと過去問題サイト


4.中国で家庭教師の探し方

中国での留学生活にとって家庭教師は頼りになる存在です。家庭教師と言ってもここでは留学先の大学で日本語を学ぶ中国人の学生指します。中国語を教えてもらう他に大学内の色々な事について教えてもらえる身近な存在になるでしょう。

1.相手の理想のスキル

  • 日本語学院(学部)の本科3~4年生または大学院生で日本語検定1級(N1)の保有者。※大学院の3年生はインターンや卒業前にアルバイトで忙しいようです。

2.家庭教師の探し方

 

①大学事務局を通じて相手を探してもらう。(相互学習であれば基本的に無料です)

②先に来ている日本人留学生から知り合いの中国人を通じて紹介してもらう。

③その他

 

※①互いに母国語を教えるために教えて貰う事に集中できないケースがあります。

※②特に長期留学の場合はこの方法が良いと思います。

※③大学の文化交流行事を通じて知り合うなど。参考:遼寧師範大学 日本語コーナー

 

 

3.大連の月謝相場

  • 30~40元/hです。※北京や上海では80元/h程度が相場です。

4.取り決め事

  • 申込書や契約書が必要なわけでもなく勉強方法も含め全て話し合いで決めます。(いつ、どこで、1回あたりの時間、勉強方法、月謝の支払方法など)月謝の支払いは教えてもたった時間などをカレンダーなどにメモで残しておき、月締めで支払うのが一般的です。

     

  • 勉強方法の例:1回あたり2時間の場合「授業で分からなかった部分の復習/宿題/教科書の朗読」に1時間、「テーマを決め中国語での会話」に1時間など。


5.語学スクール(大連)

大連パンダ中国語学校

  • 大連市内中心部(中山広場近く)にある中国語学校です。HSKの試験会場(ネット試験専門会場)にもなっていて遼寧師範大学や大連理工大学、東北財経大学など市内の大学に留学している日本人がHSKの試験対策や週末には駐在者が会話練習に通っています。特にHSK対策では厳しく教えてくれると評判も高く、HSK6級に合格する日本人の多くはここに通っています。月謝の目安は120元/1h、日本語を話す老师は常時1人います。(私どもと提携はしていません)

6.途中入学のハンディキャップ

中国の大学は9月と3月が入学月です(基本的に1,2,7,8月は授業がありません)

  • 途中入学でハンディキャップがあるとすれば6月と12月に行われる期末試験の問題が、授業を受けていない範囲から出題されると言うくらいでしょう。新学期は毎年9月と3月の5日頃の月曜日から授業が始まります。最初は入学式や市内観光等の行事が入るため授業もあまり進みません。1ケ月程度遅れての途中入学であれば、授業を受けなかった部分は家庭教師などに教えてもらえば挽回できます。

7.中国語が話せるようになるには

中国人の友達を作る事が一番です(家庭教師でも可)

  • 最初のうちは中国人の友達に大きな声でゆっくり話しかけましょう!相手が発音や四声の間違いを指摘してくれます。日本人はどうしても「読む」「書く」へ偏りがちになります。なぜでしょう?漢字がある程度読めてしまうからです。授業の中で読む、書くが楽しくなり、相対的に喋る時間が少なくなる傾向にあります。他の国の学生は最初漢字を見ても記号にしか見えず、読む、書くは後回しにして喋りを優先するため進歩が速い傾向にあります。勇気を出して積極的に話しかけ、たくさん恥ずかしい思いをしましょう。必ずその分だけ早く上達します。

8.中国/中国人の特徴(日中の違い)

順不同
  • 水道水は飲み水として使えない。
  • 基本的に夏でも暖かい物を飲む。(冷たい物=体に良くない)
  • 餃子は水餃子が基本、焼き餃子はあまり食べない。
  • 残飯大国である。(料理は多く注文して残すのが常識)
  • インターネット利用に制限がある。(GoogleやYahoo検索、Facebook、Twitter、LINEは使えない)
  • 待つ際に並ぶ習慣が身についていない。
  • 個人主義であり調和などは気にしない。
  • キャッシュレス化が日本よりも進んでいる。
  • 子供の頃から競争が激しい。(勉強、習い事)
  • 新幹線、地下鉄でのセキュリティチェックが厳しい。
  • 顔写真は修整するのが常識である。
  • 電動バイク大国。(大連では禁止)
  • トイレの清潔さは期待できない。
  • 北京、上海では青空に恵まれない。
  • 6,7,8,9が縁起の良い数字。
  • 派手な色が好き。(赤色、金色)
  • ゴミの分別はしない。
  • 声が大きい。