留学情報



1.大学の選び方

①大学選び(大学の特色と地域性)

 

中国への語学留学の場合、教育の現場では統一の教科書(橋梁、发展汉语など)を使用する事が多いため、どの大学で学んでもレベルに大きな差がいと言える一方で留学生が多い少ない、大学の歴史が古い浅い、理系大学と文系大学とでは学習環境にも違いがあります。(理系の大学では初級レベルだけ教えるところもあります。また

留学生が多い大学は受け入れ体制も整備されていると言えます)中国は国土が広く北京語以外に方言が多く存在しますが広東語上海語がその代表です。これらは普通語(北京語)とは全く別物です。広州や上海の大学でも老师はきちんと普通語を話しますが学外で中国語を耳から覚えると言う点で言えば、やはり普通語を奇麗に話すと言われる大連などがお勧めです。

 

②環境や気候で選ぶ

 

PM2.5の多い地区は避けたいものです。空気が悪く喉の痛みを訴えたり中には咳き込む日本人がいます。

気候で言えば中国東北地方の冬の寒さは厳しく(大連も寒いですが、北京はもっと寒いです)、上海など長江沿いの市や広東省など南部の夏は酷暑です。中国四大ストーブと呼ばれる南京、済南、武漢、重慶はいずれも長江沿いに位置し夏は35~40℃の日続きます。

 

③生活環境/物価で選ぶ

 

中国の大学の教室や寮は全般的に古いです。理由としては日本の大学のように、少子化の中で常に施設をリニューアルしなければ新規学生を獲得できないと言う事がないからです。(実質全て国立大学です)

綺麗好きの日本人が中国(海外)へ留学すると、特にトイレやシャワールームの環境に幻滅する方が多く大学選びにあたってはこの辺りも重要なポイントになるかもしれません。

 

物価の違いは「寮費」に代表されます。大連にある大学の多くが1人部屋80~100元/日の相場に対して北京や上海の大学は150~250元/日が相場です。(大学や滞在期間によって違います)

 

食事に関しては学食に「和食」は殆どなく、あったとしてもせいぜい巻きずし程度でしょう。中華料理=脂っこいと言うイメージがあるかもしれませんが決してそんな事はないと思います。種類が多いので飽きる事もなく段々と慣れて行くでしょう。


2.入寮予約について

入学申請時に希望の部屋(何人部屋か)をリクエストします

 

二人部屋以上の場合は基本的にルームメイトの国籍を選ぶ事はできませが、ルームメイトを自国または自国以外と言うリクエストを出来る大学があります。7月8月と1月2月は新規留学生の入寮申込が集中し一人部屋を希望しても確保できない事があり、やはり早めの予約が必要です。華東師範大学入寮締め切りが早く、北京語言大学は慢性的に1人部屋が不足しています。


3.HSKを目指す方へ

HSKの4級は中国語検定3級、HSK5級が中国語検定2級~準1級相当レベルだと言われています

 

※中国語検定3級は学習目安が「一般大学の第二外国語における第二年度履修程度、常用語が1,000~2,000」

中国に語学留学した場合大学側は1年でHSK4~5級、1年半~2年で6級が合格できるようになると言っています。

留学前にHSK4級程度の実力がある方は1年でHSK6級を取ってしまう方もいらっしゃいますが、個人差があります。HSKの5級と6級で重要なのは過去問題に取り組みです。日本人が苦手なヒアリングの他に文章を組み立てて書く練習にも力を入れましょう。HSKのレベルと過去問題サイト


4.家庭教師の探し方

留学生活にとって家庭教師は重要な存在です。家庭教師と言っても、ここでは留学先の大学で日本語を学ぶ中国人の学生を指します。中国語を教えてもらう他に大学内の事も色々と教えてもらえる身近な存在になるでしょう。

 

1.相手の理想のスキル

日本語学院の本科3、4年生または大学院生で日本語検定1級(N1)の保有者。

※大学院の3年生はインターンや卒業前にアルバイトで忙しいようです。

 

2.家庭教師の探し方

①大学事務局を通じて相手を探してもらう。(相互学習のため基本的に無料です)

②日本人のクラスメートから知り合いの中国人を通じて紹介してもらう。

③その他

 

※①相手が相互学習を望んでいるケースが多く教えて貰う事に集中できないケースがあります。

※②特に長期留学の場合、この方法が良いと思います。(一般的に有料です)

※③大学の文化交流行事を通じて知り合うなど。

 

3.大連の月謝相場

30~40元/hです。※北京や上海では80元/h程度が相場です。

 

4.取り決め事

申込書や契約書が必要なわけでもなく、勉強方法も含め全て話し合いで決めます。(いつ、どこで、何時間、学習方法、月謝の支払方法など)カレンダー上に教えてもらった時間数をメモで残し月締めで支払うのが一般的です。


5.中国語学校

大連パンダ中国語学校

 

大連市内中心部(中山広場近く)にある中国語学校です。

HSKの試験会場(ネット試験専用会場)にもなっていて遼寧師範大学や大連理工大学、東北財経大学など市内の大学に留学している日本人がHSK試験対策の勉強や、週末には駐在者が会話練習に通っています。特にHSK対策では厳しく教えてくれると評判も高く、HSK6級に合格する日本人の多くはここに通っています。月謝の目安は100元/1h、日本語を話す老师は常時1人います。


6.途中入学のハンディキャップ

中国の大学は9月と3月が入学月です(7‐8月と1‐2月は授業がありません)

 

途中入学でハンディキャップがあるとすれば6月と12月に行われる期末試験問題が、授業を受けていない範囲から出題されると言うくらいでしょう。東北地方の新学期は、毎年9月と3月の各5日前後の月曜日から授業が始まりますが、最初は入学式や市内観光等の行事が入るため授業もあまり進みません。1~1.5ケ月程度遅れての入学であれば、家庭教師に教えて貰いながら勉強すれば挽回できます。本質的な事を言えば期末試験の結果よりも留学期間中にどれだけの実力が身に着いたかが重要であり、また期末試験よりもHSK試験を重要視する方が多いようです。


7.中国語が話せるようになるには

中国人の友達を作る事が一番です(家庭教師でも可)

 

最初のうちは中国人の友達に大きな声でゆっくり話しかけましょう!相手が発音や四声の間違いを指摘してくれます。日本人はどうしても「読む」「書く」へ偏りがちになります。なぜでしょう?漢字がある程度読めてしまうからです。授業の中で読む、書くが楽しくなり、相対的に喋る時間が少なくなる傾向にあります。他の国の学生は最初漢字を見ても記号にしか見えず、読、書くは後回しにして喋りを優先するため進歩が速い傾向にあります。勇気を出して積極的に話しかけ、たくさん恥ずかしい思いをしましょう。必ずその分だけ早く上達します。


留学費用の試算(4週間)

留学費用の試算( 半 年 )

留学費用の試算( 1 年 )