中国留学 渡航航空券

大連外国語大学、遼寧師範大学ともに渡航航空券はお客様ご自身で購入して頂きます。

大連到着時刻、帰国時のフライト時刻を十分に確認した上で購入して下さい。日本⇔大連のフライト

お客様と渡航スケジュールを打ち合わせし大連到着時は現地スタッフが空港でお出迎え致します。


OPENチケット

1年以内なら帰国便をいつでも変更できて案外安いチケットです。

いつでも変更できると言っても空席が無ければ乗れませんが、帰国分のチケット代を先に支払ってしまっておけば気が楽かもしれません。

OPEN航空券の他に帰国日を変更できないFIX航空券、FIX/OPEN航空券などもあります。

ANAのホームページから探して買うと安い時があります。

実例:2017年2月19日関空⇒大連、3月17日大連⇒関空エコノミー大人1名28,390円


乗り継ぎ便の注意点

帰国時に乗り継ぎで帰ろうとされる方がいらっしゃいますが何度か空港からお電話頂いた事がありました。

中国の国内線は預け荷物は1P(1個)までですが、国際線の感覚で2P預けようとし超過料金を支払う手続きが分からないとの事でした。

超過分は別カウンターに行き荷物の重量を計り、重さに応じた追加料金を支払う必要があります。慣れていないと難しいかもしれませんね。

帰国時に荷物が多いようであれば先に船便で送ってしまうのが良いかもしれません。

遼寧師範大学へ留学 逾重行李票
超過荷物票

大連空港から上海浦东空港に飛ぶときに預け荷物が2Pになってしまい1P分を超過料金として支払った時のものです。1kg当たり17元の輸送費は中国の物流業界からみて決して高くはありません。

経由地で預け荷物を降ろす場合と降ろさない違いについて質問をご質問を受ける事があります。

例えば大連→上海→関空で帰国する場合、大連空港のチェックインカウンターで上海→関空の航空券も渡された時は上海で預け荷物は下ろしません。逆に大連→上海のチケットしか受け取らなかった場合は、上海で一旦荷物を降ろされます。(今までに例外はありませんでした)

 

もう一点。上記の例で言えば大連→上海便と上海→関空便は同じ航空会社か系列の航空会社にする必要があります。

通常大連から上海への到着が大幅に遅れた場合に上海から関空行きの便は飛び立ってしまいますが、同じ航空会社の場合は大連→上海便と上海→関空便が連携しているケースが多く、関空行きの便は待ってくれている事が多いようです。