携帯契約/ネット環境

現地でSIMカードを契約

現地に到着したらまず最初にやらなければならないのが、携帯電話の契約(SIMカード購入)です。※2~3週間の短期留学は除く。

何故なら、まず銀行口座開設に携帯電話番号が必要になります。※空港内の無料WiFiを利用する時も携帯電話番号が必要になります。

大学内にはWiFiがあるので微信などの通信手段を利用できますが(大学内のWiFi電波は一般的に弱い)一歩大学を出ればやはり電話が必要です。

クラスメートの他に現地サポート員や保険会社との連絡にも必用になってきますし、緊急時には日本からの国際電話も受けられます。

携帯電話の契約は現地サポート員がご案内します。通信会社への事務手数料は数十元程度ですし、中国の国内通話料金は日本と比べ格安です。

日本から持ち込んだスマホのSIMを差し替えるだけですぐに使えます。


日本のスマホ「番号保管」「休止」方法

大連へ留学中にスマホの基本料金(通話/パケット)がかからないようにするには、番号保管や休止扱いにします。各社の対応は次の通りです。

 

ドコモ海外赴任・留学などの電話番号保管・解除

 

au一時休止・再利用

 

ソフトバンク電話番号・メールアドレスお預かりサービス


①大学内のWIFI接続方法

大連外国語大学、遼寧師範大学ともに大学から与えられたIDとPWを入力するだけです。

②大学内のWIFI通信速度

残念ながら早くありません。特に大連外国語大学は教室内では使えないレベルです。

③大学内のWIFI料金

 大連外国語大学:20元毎にで7ギガ分をチャージ

 遼寧師範大学:50元で6ケ月間使いたい放題

遼寧師範大学のWiFi設定画面

遼寧師範大学留学 大連外国語大学 WiFi設定
遼寧師範大学のWIFI画面

大連外国語大学のWiFi設定画面

大連外国語大学留学 遼寧師範大学 WiFi接続方法
大連外国語大学のWIFI画面

デュアルSIMカード対応のスマホ

大連に留学中、日本の通信契約を休止したくない方は、、、

CIMカードが2枚差し込めるスマホを購入すれば便利です。(ファーウェイやサムスンで出しています)

私の場合は日本でファーウェイのデユアルSIMカード対応のスマホを購入し中国移動通信とドコモのSIMカードを差し込んで使っています。

メリットとしては中国国内と日本からの着信が1台で受けられる点です。

中国製のスマホ=品質大丈夫?思われる方が多いと思いますが、なんのなんの優れものが揃っています。

ファーウェイP8

大連外国語大学、遼寧師範大学留学 中国スマホ情報
ファーウェイP8シリーズ

デュアルカード管理を見ると、、、

大連外国語大学、遼寧師範大学留学 中国CIMカード
ファーウェイスマホ デュアルカード管理画面

優先して使用するSIMカードの切り替えもワンタッチです。

大連外国語大学、遼寧師範大学留学 中国CIMカードへ切り替え
ファーウェイのスマホ ツインCIMカード切り替え画面

VPN接続について

中国ではG-mailやLINE、Facebookなどは使えません。必要な方は渡航前にVPN契約をしておきましょう。(1,000円/月程度)