携帯電話/ネット環境

1.携帯電話の契約

 現地でSIMカードを契約(通信契約)

   現地に到着したらまず最初にやらなければならないのが、携帯電話の契約(SIMカード購入)です。

 何故なら、まず銀行口座開設に携帯電話番号が必要になります。現地サポート員との連絡、ケガや病気の場合、保険会社との連絡にも必用に

 なりますし緊急時には日本からの国際電話も受けられます。この他公共の無料WiFiを利用する際も携帯電話番号が必要になります。

 大学内にはWiFiがあるので微信やスカイプどの利用できますが(微信やスカイプで日本との交信ができます)大学内のWiFi電波は弱い場所が

 あるためやはりSIMカードを使いデータ通信が必要になります。SIMカードの契約は現地サポート員がご案内します。

 事務手数料は十元程度ですし中国の国内通話料金やデータ通信料は日本と比べて比較的安いです。現地で購入したSIMカードは日本から持ち

 込んだスマホに差し込めばすぐに使えます。※中国では通話と通信料金を先払いするチャージ方式になります。

 日本のスマホ「番号保管」「休止」方法

 大連へ留学中にスマホの基本料金(通話/パケット)がかからないようにするには、番号保管や休止扱いにします。

 各社の対応は次の通りです。

 

 ドコモ:海外赴任・留学などの電話番号保管・解除

 

      au   :一時休止・再利用

    

 ソフトバンク:電話番号・メールアドレスお預かりサービス

 VPN接続について 

 中国ではG-mailやLINE、Facebookなどは使えません。必要な方は渡航前にVPN契約をしておきましょう。(1,000円/月程度)


2.ネット環境

 大学内のwifi接続方法

 大連外国語大学、遼寧師範大学ともに大学から与えられたIDとPWを入力するだけです。

 大学内のWIFI通信速度

 残念ながら早くありません。特に大連外国語大学の教室では使えないレベルです。

 大学内のWIFI料金

    大連外国語大学:20元毎に7ギガ分をチャージ。

 遼寧師範大学:50元で6ケ月間、実質使いたい放題。

遼寧師範大学のWiFi設定画面

遼寧師範大学留学 大連外国語大学 WiFi設定
遼寧師範大学のWIFI画面

大連外国語大学のWiFi設定画面

大連外国語大学留学 遼寧師範大学 WiFi接続方法
大連外国語大学のWIFI画面

3.通信会社の代理店(営業所)

大連外国語大学、学内携帯ショップ
大連外国語大学内の通信会社営業所

 

大連外国語大学、遼寧師範大学とも大学内に通信会社の代理店が

あります。(携帯ショップ)

SIMカードの契約や通信料のチャージなどもここで行います。

(学内のWiFiは別)


4.SIMロック解除について

 渡航前にスマホのSIMロック解除をしてから渡航しましょう。SIMロックが解除されていなければ中国のSIMを差しても使用できません。

 日本でスマホ本体や通信契約を変更した場合、3ケ月程度待たないとSIMロック解除が出来ないケースもあるようです。

 このようなケースではSIMロック解除がされている予備のスマホを持参するなりして対応しましょう。


5.デュアルSIMカード対応のスマホ

 大連に留学中、日本の通信契約を休止したくない方は、、、

 CIMカードが2枚差し込めるスマホを購入すれば便利です。(ファーウェイやサムスンで出しています)

 私の場合は日本でファーウェイのデユアルSIMカード対応のスマホを購入し中国移動通信とドコモのSIMカードを差し込んで使っています。

 メリットとしては中国国内と日本からの着信が1台で受けられる点です。

 中国製のスマホ=品質大丈夫?思われる方が多いと思いますが、なんのなんの優れものが揃っています。

デュアルカード管理を見ると、、、

大連外国語大学、遼寧師範大学留学 中国CIMカード
ファーウェイスマホ デュアルカード管理画面

優先して使用するSIMカードの切り替えもワンタッチです。

大連外国語大学、遼寧師範大学留学 中国CIMカードへ切り替え
ファーウェイのスマホ ツインCIMカード切り替え画面

ファーウェイP8

大連外国語大学、遼寧師範大学留学 中国スマホ情報
ファーウェイP8シリーズ