中国 ビザ用健康診断

  • X1ビザ(半年以上の留学)の方は日中友好病院または国立病院で受診した外国人健康診断書が必要です。渡航時は健診後に渡された血液検査結果表胸部レントゲンフィルムも一緒に持参し大学に提出する必要があります。外国人健康診断書は6ケ月以内に受診したものが必要です。(特に指示が無い限り大学や当センターへの事前提出は不要です)

     

  • 大連外国語大学の場合、60際以上の方は入学申請時に「外国人健康診断書」の提出が必要になります。(18歳以上であれば1年未満の留学に年齢の上限はありません)

     

  • 北京語言大学へ60歳以上の方が半年以内で短期留学する場合は、日本の一般病院で受診した健康診断書を大学に提出する必要があります。この他に大学所定の念書へサインが必要です。

     

  • 各大学ともに受け入れる留学生は「心身ともに健康な方」としています。

学生ビザの健康診断費用

  • ビザ用健康診断費用は平均して30,000円程度です。
大連外国語大学へ留学  外国人健康診断費用

2016年に健康診断を受けられた方の物です。検診費用は27,864円(地方都市のため東京都と比べやや低めです)


ビザ用健康診断は日中友好病院での検診が基本!

  • 東京近郊にお住いの方は、可能な限り渋谷区代々木にある日中友好病院にて健診を受けて下さい。入学の際に大学に提出した健康診断書は居留許可申請を審査する入国管理局に回されます。日本の国立病院で健診を受けていても、各病院毎に健康診断書の用紙が違っていたり、規定の検査が漏れていたりするケースがあるため、外部の専門機関(大連市の場合は辽宁出入境检验检疫局)が健診結果の内容をチェックする場合があります。大連市の場合、日中友好病院以外の国立病院で健診された方の多くは、入学後に辽宁出入境检验检疫局に行き、審査(认证=認証)を受ける必要があります健康診断のやり直しの方は500元程度の自己負担が必要になりますが(検査項目が一部の方だけの場合もあり)、何もせずに(认证=認証)される場合もあります。※大連外国語大学はバスで送迎してくれます。(無料)

目前中国承认的是日中友好医院的体检报告。其他医院的体检报告需要当天在医院进行认证,如果认证合格就不用体检了,或者体检部分项目、但是必须要跟着大家一起去医院。如果得不到认证,就需要重新进行体检,所以要带着500元人民币去。


中国大使館指定の健康診断用 (外国人体格検査記録)下記のボタンを押すとPDFが開きます。