中国で銀行口座を作る

中国で銀行口座を開設するには中国の携帯電話番号が必要です!

銀行口座開設はキャッシュレス化が進んでいる中国での生活に欠かせません
  • 中国の5大銀行は「中国工商銀行」「中国銀行」「中国建設銀行」「中国农业銀行」「中国交通銀行」です。これらの大手銀行を中心にノービザの方や半年未満の短期留学生に対して口座開設を拒否するケースが増えてきています。渡航前に現地情報を十分にご確認下さい。大連理工大学、東北財済大学、大連海事大学周辺の銀行では、短期留学の方や、X1ビザの方でも居留許可証がまだ取れてない方は口座開設を断られるようです。(中国銀行、中国建設銀行、中国工商銀行、大連銀行など)

     

  • 当センターの銀行口座開設/両替サポートでは「中国建設銀行」にお連れしています。中国では多くの大学が入学申込金や学費の受入れ、奨学金の支払い口座に中国建設銀行を指定するケースが多く、大学周辺には必ずと言って良いほど中国建設銀行の店舗があります。(中国の大学と繋がりが深い銀行です)

     

  • 中国ではキャッスレス化が進んでいて、学生食堂での支払いも微信(WeChat)や支付宝(アリペイ)といったスマホのお財布アプリを使います。そのためには銀行口座を開設しこれらのアプリと紐づけしておく必要があります。逆に言えば中国の銀行口座を持たない方はお財布アプリによるキャッシュレス決済が出来ません。

     

  • 中国の銀行でキャッシュカードを作ると「銀联」マークがついています。これは中国の国際決済カードブランドであり(VISAやMasaterカードのような存在)、日本ではセブンイレブンや農協のATMから日本円でお金を引き出すことができます。

     

  • 大連外国語大学では1年以上の留学の場合(本科生など)、2年目以降の学費は「銀联」マークのついたキャッシュカードを使って納めます。※現金で納める事はできません。
大連外国語大学-遼寧師範大学留学 国際キャッシュカード
銀聯マーク

遼寧師範大学近くの銀行店舗

遼寧師範大学付近の中国建設銀行
遼寧師範大学に最も近い中国建設銀行
遼寧師範大学付近の中国建設銀行

大連外国語大学近くの銀行店舗

大連外国語大学付近の中国建設銀行
(終)が中国建設銀行-旅順支店(タクシーで約12分)
大連外国語大学に近い中国建設銀行
旅順区にある中国建設銀行