団体サポート(大連)


夏期講座へ同一組織(大学、企業、団体等)、同一期間留学される場合は団体扱いとしてサポート料を割り引きいたします。

ご利用条件

  • 適用条件: 3名様以上の団体が同じフライトで渡航し同一講座を受講後、同じフライトで帰国される場合。
  • サポート期間:最長6週間。
サポート大学
  • 遼寧師範大学、大連外国語大学。

サポート対象者

  • 当該大学への入学許可をお持ちの方。

サポート内容

サポートの必要性について

  • 短期講座に参加された方は入学後、生活にも慣れてきた頃に余暇を見つけて大連市中山区方面(繁華街)へ個人や数人のグループで出かける事があると思います。大学生がフィールドトリップ(留学プログラムで設定した小旅行)等であれば、引率者が一緒にいるので心配ありませんが、週末等の自由行動までは目が行き届かないため責任者(引率者)としては何かと注意を払わねばなりません。
  • 特に大連外国語大学へ留学した方は大連市内中心部に出かける機会が少ないため道に迷いやすく、その他予期せぬトラブルが発生した場合は状況により大学事務局の他に警察、救急、病院、保険会社と連携して対応する必要が出てきます。当センターの大連事務所には常時日本語が流暢なスタッフが待機しています。

 

お申込み方法及びご利用条件

  • 当センター所定の「短期団体現地サポート申込書」をご提出して頂きます。(組織の代表者名1通で可)
  • 参加者する方々のプロフィール表をご提出して頂きます。(別紙連記式)
  • 参加者全員に微信(WeChat)と呼ばれるSNSアプリをスマートホンにインストールして頂きます。
  • 参加者全員に海外旅行保険(日本の保険会社)を加入して頂きます。※保険会社は指定となりますが代理店は問いません。

セーフティカードの進呈

  • 参加者全員に各自が加入された海外旅行保険の保険会社名、証券番号、日本の緊急連絡先をご自身で入力するセーフティカード(オリジナル/エクセル版)を進呈します。印刷する入力した項目および大学の24時間緊急連絡先電話番号とともに次の内容が中国語で表記されます。(※交通事故や重篤な病気で搬送が必要なケースを想定)
  1. 緊急で病院に搬送してほしい
  2. 「記載の関係者に電話してほしい」
  3. 「かかる費用は保険会社の保険金で賄われる」