大連関連情報


安藤 勇生さんへのインタビュー記事( 日本貿易振興機構(ジェトロ)大連事務所 所長、首席代表)

Whenever大連ローカルより


大連外国語大学が東京サテライトを開設。

2018年2月6日某日系新聞発表

中国の大連外国語大(遼寧省)は4月、東京都内にサテライト校舎を開設する。日本語を学ぶ学生を留学させ、日本の歴史などと合わせて学習する。同大学などによると、中国の大学が日本に在校生向けのサテライト校舎を設けるのは珍しい。大連は日本からの進出企業が多い。同大の于飛学院長は「学生の日本への関心は高い。中国で知ることができない日本文化や日本人について学ぶため、拠点を置くことを決めた」と話した。同大は5日、語学学校を運営する千駄ケ谷日本語教育研究所グループ(東京・新宿)と提携した。新宿区のビル内に教室を設け、4月から60~80人、2020年度には120~160人に学習させる考え。学生は日本語や日本の歴史など、卒業に必要な科目を受講する。1年半~2年の間、日本に滞在し、日本の大学に編入する道も開けるという。日本語の授業は同グループが請け負い、一般教養は大連外語大の講師が教える。将来的には日本人学生の受け入れも視野に入れる。


伊藤忠商事は中国語を使える人材を約1千人育てたと発表しました。

2018年4月14日ヤフーニュース

大連 遼寧師範大学 大連外国語大学へ留学 伊藤忠商事が社員の中国語教育に注力