中国 留学費用を抑える

余分な出費を抑える

  • 中国には初めて行く!旅行では行った事があるけど留学は初めて!と言う方が殆どではないでしょうか?留学に関して日本国内で支払いする費用についてはネットなどで情報を集めて高い安いを比較検討が出来ますが、留学生活の中では費用を安く抑えると言うよりも余分な出費を抑える事の方が重要になってきます。何故なら日本との習慣の違いや言葉の壁から、最適な情報を入手できない事が多いからです。私どもでは渡航前、渡航後に発生する費用について出来る限り多くの情報を提供しています。まずは留学情報留学準備を合わせて実践すれば、余分な出費はかなり抑えられるのではないかと思います。

寮費/マンション家賃☆☆

  • 寮費は学費と並んで留学費用に占める割合が高い支出項目です。北京や上海の大学では、1人部屋はタイプにより家賃の差が大きく、もともと絶対数が少ないため、安い順に予約で埋まってしまいます。早めの申し込みが必要です。 学生寮の予約

     

  • 新規入学の場合、留学生を大学生活に慣れさせるために、最初の半年間は寮住いを義務付けている大学が多いようです。長期留学の方で2学期目あたりからマンション暮らしをご希望の方は、最初の半年間で物件の情報を集めたり、ルームシェアする相手を探しておくのが良いでしょう。
マンション家賃相場 (水道光熱費は別途)
  • 大連のマンション家賃相場は築年数にもよりますが、大学近くの物件は2LDKで1,500~2,000元/月前後が相場です。

     

  • 大連外国語大学周辺は物件が新しい事もあり2LDKの家賃が2,500元/月前後、3LDKが2,700~3,000元/月前後が中心です。

     

  • 寮住まいと比較した場合、例えば1日80~100元の学生寮(一人部屋)に住んでいる方は月額2,400~3,000元(水道光熱費込)の家賃に相当しますが、借りに家賃2,500元/月(2LDK)の部屋を2人でルームシェアすると一人当たり1,200元/月(水道光熱費別)ほどとなり家賃を大きく節約できます。大連マンション生活情報

両替☆☆ 

  • こちらをご覧ください→ 為替レート (両替金額によっては数万円違ってきます)

航空券

  • 航空会社のHPから購入:JALやANAなどは定期便を3ケ月以上前から販売していて案外安いです。 ビザ申請の代行会社である日中平和観光株式会社などでもチケット予約の相談に乗ってくれます。

     

  • 乗り継ぎ便を利用:北京や上海、仁川(韓国)経由は基本的に直行便より安いです。※中国での乗り継ぎ時は国内線となり預け荷物の「重量」や「個数」の制限を受けるケースがありますので注意して下さい。乗り継ぎ時の注意点

     

  • マイレージを利用:海外出張の多いお父さんの貯まったマイレージは2親等以内なら通常、譲り受ける事ができます。

     

  • 帰国時の片道航空券:中国では「飞猪」などのWEBサイトで安く購入できます(中国語)。シートリップBooking.comなどの旅行サイトでは日本語表示で航空券の購入が出来ます。大連にはHISの営業所があり店頭で日本語対応してくれます。

サポート料(留学サイトの〇〇代行、〇〇サービスなどと呼ばれるものは中身をよく確認しましょう)

  • 外貨送金代行:必要ありません。(某留学サポート会社21,600円)※国際デビッドカードなどを活用しましょう!

     

  • 入学緊急対応:緊急でもサポート会社のする事は同じです。(某留学サポート会社では追加料金が数万円)

     

  • 空港送迎オプション:某サポート会社31,000円(※大連外国語大学短期講座参加時の事例) 

     

  • キャンセル料:なるべく早く申し込ませキャンセルの場合はしっかり違約金をとる会社には注意しましょう!

宿泊ホテル

  • 予約サイト:楽天トラベルHISBooking.comがお勧めです。為替を考慮し円高の時は日本のサイトで予約、円安の時は現地サイトでの予約がお得。

海外旅行保険の保険料

  • 保険会社、保険期間、補償内容によって保険料は違います。仮に1年の留学の場合、夏休みと冬休みは多くの方が一時帰国されます。一度に10~12ケ月分の保険をかける必要はなく、5ケ月×2回のように実際の渡航期間に合わせてかけましょう。海外旅行保険は長期でかければかけるほどど保険料が割高になります。海外旅行保険ワンポイントアドバイス

海外旅行保険の活用

  • スマホを落として壊したなど携行品紛失/破損は海外旅行保険で賄われるものがあります。この他に知らないと損をする保険金の支払い事例がいくつかあります。詳しくはこちらもご覧ください。 海外旅行保険の請求事例

微信(WeChat)の無料通話

  • 微信にはLINEと同様(中国ではLINEは使えません)無料通話機能が付いています。もちろん日本との通話も可能です。

国際電話

  • 日本から携帯電話を持って行き(ドコモなどのSIMカードを差したまま)日本から受けた国際電話の通話料は相手ではなく、ご自身担になります。例えば日本にいるAさんが中国にいるBさんの日本の携帯番号に電話、Aさんは国内通話料のみ発生しますが、日本から中国への国際電話分はBさんの負担です。
  • 中国のSIMカードで日本へ国際電話をかける場合、ダイヤルする番号の頭に「12593※中国移動通信の場合」を加え、続いて国番号「0081」の後に市外局番や携帯番号の「0」を除いた番号を続けてかければ、IP電話扱いになり通常よりかなり安く話せます。例:日本の携帯番号090-3344-5678にかける場合は12593 0081 9033445678です。IP電話を使った場合、中国→日本間で1時間の通話料金の目安は300円程度。(契約プランによっても違います)※国際電話はSIM契約時に手続きが必要です。

買い物(注意事項

  •  慣れるまでは中国人に同伴を頼みましょう。大学周辺であれば安全ですが、繁華街の個人商店などでは日本人(外国人)だけで行くとふっかけられる事があります。実例:スマホのケース10~15元が相場→ 外国人だとわかり100元!なんてことも。

タクシー(注意事項

  • 大連は相乗り乗車させるタクシーが横行しています。当然禁止です、客が先に載っているタクシーが止まっても乗ってはいけません。

海外(中国)での思わぬ出費(よくある事例

  • 日本でSIMロック解除をしていなかったため、持って行ったスマホが使えずやむなく現地で新たに購入した。※現地で購入したスマホは日本の機器認定を受けていないため日本では使用できません。(電波法違反となります)

     

  • 現地でインターネットやアプリを使い航空券を予約する際に、氏名や生年月日、パスポート番号の入力を間違え航空券が無駄になった。※予約時の氏名はローマ字で苗字→名前の順番に入力します。(意外とあります)

     

  • WiFi通信をしていたが実際にはデータ通信をしていたため通信料が高額となった。(WiFiのアンテナマークが出ていても実際にはWiFi接続していない状態。※年配の方に多いです)


スカイプを使った国際通話

スカイプ海外通話定額料金(日本→中国)
スカイプ海外通話定額料金(日本→中国)

日本→大連(中国)への通話は月額350円。データ通信料は別途(WIFI環境下なら無料)



スカイプ海外通話定額料金(中国→日本)
スカイプ海外通話定額料金(中国→日本)

 大連(中国)→日本への通話は月額475円。データ通信料は別途(WIFI環境下なら無料)