健康診断(留学半年以上の方)


  • X1ビザ(留学期間が181日以上)で渡航さるる方は、日中友好病院または国立病院で受診した外国人健康診断が必要です。国立病院の中でもビザ用の健康診断を行っていないところがあります。※ビザ申請に健康診断書は必須ありません。

     

  • 渡航時に健診結果表血液検査結果表胸部レントゲンフィルムも一緒に持参し大学へ提出して頂きます。外国人健康診断書は6ケ月以内に受診したものが必要となります。(当センターへの事前提出は不要です)

     

  • 大連外国語大学の場合、60際以上の方は入学申請時に「外国人健康診断書」の提出が必要になります。

     

  • 北京語言大学の場合、60歳以上の方は留学期間は半年以内に限定されます。また、日本の一般病院で受診した健康診断書を大学に提出する必要があります。この他、大学所定の念書へサインが必要です。

     

  • 各大学ともに受け入れる留学生は「心身ともに健康な方」としています。

関西方面にお住いの方

  • 大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県にある国立病院の多くはビザ用の健康診断を行っていません。(十三市民病院または市立豊中病院にお問い合わせ下さい)※最新情報は各医療機関に直接お問い合わせ下さい。

福岡県にお住いの方

  • 大牟田病院(予約制/結果が出るまで約2週間)と東医療センターはビザ用健康診断を行っています。※最新情報は各医療機関に直接お問い合わせ下さい。

健康診断費用

  • ビザ用健康診断費用は平均して30,000円程度です。
  • 下記の領収証は静岡県で健康診断を受けられた方の物です。検診費用は27,864円(地方都市のためか?やや安めです)
 中国北京大連上海留学 外国人健康診断費用 X1ビザ 半年以上の留学
X1ビザ健康診断の領収証

現地での健診表審査について

  • 日本から持参した健康診断書(及び血液検査表、胸部レントゲンフィルム)は大学が指定する健診センター(衛生検疫部門)で、検査結果の内容や検査項目に漏れていないかなどのチェック(认证)を受けます。追加検査が必要と判断された場合、費用はMAX500元程度ですが個人負担となります。大連市の場合は辽宁出入境检验检疫局と言う健診センターでチェックを受けます。

     

  • 大連外国語大学は辽宁出入境检验检疫局までチャーターバスの無料送迎あり。

     

  • 遼寧師範大学から辽宁出入境检验检疫局までは地下鉄が便利です。(45分程度、無料送迎はなし)

     

  • 北京語言大学の場合は学内にある北京国際旅行卫生保健中心海淀门诊部と言う施設でチェックを受けます。

     

  • 華東師範大学の場合は上海市国际旅行卫生保健中心と言う施設でチェックを受けます。

     

  • 健康診断の結果によっては入学が出来ない場合もあります。(感染病がある方、留学生活に支障がある方等)

健康診断は現地到着後でもOK

  • 日本でX1ビザ申請を行う際に健康診断結果は必要ありません。現地到着後に大学が指定する健診センターでの受診でも構いません。
  • 日中友好病院(千代田区代々木)で健診を受け、結果が特に問題の無い方は現地での書類チェック(认证)は免除されるようです。
  • 日本の国立病院で健診を受けたとしても大学指定の健診センターへ行く必要があるのであれば、日本で3万円近い健診を受けるよりも現地で受けた方が費用を節約できると言う事になります。但し万一現地での検診の結果、重大な疾患など(特に感染症)が見つかった場合は入学が出来ない事もあります。シニアの方やご自身の健康状態に不安のある方、現地の健診センターで受診する事に不安のある方は日本で受診しておいた方が気が楽かもしれません。

日本から持参した健康診断表の審査について(中国語)

  • 目前中国承认的是日中友好医院的体检报告。其他医院的体检报告需要当天在医院进行认证,如果认证合格就不用体检了,或者体检部分项目。如果得不到认证,就需要重新进行体检,所以要带着500元人民币去。

 中国北京大連上海留学 健康診断書の審査
大連の健診センターで健診表審査の受付表。入学シーズンは50~60人待ちはざらです。