中国(大連)最新情報


2018年2月6日(某日系新聞発表)

大連外国語大学が東京サテライトを開設

  • 中国の大連外国語大学(遼寧省)は2018年4月、東京都内にサテライト校舎を開設する。日本語を学ぶ学生を留学させ、日本の歴史などと合わせて学習する。同大学などによると、中国の大学が日本に在校生向けのサテライト校舎を設けるのは珍しい。大連は日本からの進出企業が多い。同大の于飛学院長は「学生の日本への関心は高い。中国で知ることができない日本文化や日本人について学ぶため、拠点を置くことを決めた」と話した。同大は5日、語学学校を運営する千駄ケ谷日本語教育研究所グループ(東京・新宿)と提携した。新宿区のビル内に教室を設け、4月から60~80人、2020年度には120~160人に学習させる考え。学生は日本語や日本の歴史など、卒業に必要な科目を受講する。1年半~2年の間、日本に滞在し、日本の大学に編入する道も開けるという。日本語の授業は同グループが請け負い、一般教養は大連外語大の講師が教える。将来的には日本人学生の受け入れも視野に入れる。大連外語大学の「日本語学院」(日本語学部に相当)には現在、約2300人が在籍。中国国内では最大規模の日本語教育機関とされる。

2018年5月5日

中国へ入国時(入国審査)の指紋採取等について

  1. 中国では、2018年4月下旬から5月初めにかけて、日本人を含む外国人が 中国に入国する際、入国審査において、指紋及び顔画像(個人生体識別情報)を採取する措置が、全国的に開始されています。

     

  2. この措置は、中国に入国する満14歳から満70歳までの外国人が対象。例外として、空港の制限区域内でトランジットする場合や、6か月以上の長期滞在者の方で「自動化ゲート」の利用登録を行っている場合等は指紋採取が免除されます。

     

  3. この措置は、2017年2月に中国公安部から発表され、 いくつかの空港で試験的に実施されてきましたが、今般、北京や上海など主要空港を含む全国のすべての入国港(空港、海港、陸港)で開始される ことになったものです。

     

  4. 自動化ゲートを利用される方への留意事項
  • 6か月以上長期滞在する外国人は、出入国審査において、自動化 ゲート(中国語:「自助査験通道」)の利用を登録することができますが、 本年2月より、自動化ゲートでは「出入国記録憑証」という出入国記録票を 各自で印刷できるようになっています。当局によれば、これは出入国印と 同等の効力を有するとのことです。
  • 一方、中国では、ホテル等で「臨時宿泊登記」を手続きする際には、 基本的に入国印(スタンプ)が確認されるため、自動化ゲート利用者が かえって市中で不便を被るケースもあります。また、入国印の日付は合法的な滞在期間を確認するために重要です。自動化ゲートの利用を 希望される方は、こうした事情を十分理解した上で利用登録をするとともに、出入国にあたっては必ず出入国記録票を印刷した上で紛失する ことがないよう保管してください。 また、取得できない場合は必ず係官に照会し押印を求めるなど、十分留意してください。

2018年8月7日

外国留学人員来華簽証申請表(JW202)の発行元が変更になりました

  • 中国へ半年以上留学する方はX1ビザ申請時に大学が発行する入学許可証の他に、地元政府発行が発行する外国留学人員来華簽証申請表(通称JW202)と言う書類が必要となります。大連の場合はJW202を大連市政府が発行していましたが2018年8月より遼寧省政府が発行するようになりました。通常10日程度で発行されますが、事務が集中する時期は1ケ月半近く時間がかかる場合もあります。

     

  • 入学申請の合否通知をこれらの書類発送をもってかえている大学もあります。半年以上留学される方で入学申請の結果がなかなか出ない方は、JW202の発行が遅れている状況も考えられますので大学に問い合わせしてみて下さい。(入学申請代行をご利用の方には進捗状況を適時お知らせしています)
中国留学 外国留学人員来華簽証申請表(JW202)
従来のJW202(大連市政府の公印)
中国留学 外国留学人員来華簽証申請表(JW202)
新しいJW202(遼寧省政府の公印)


2018年12月24日

HIS大連が日航ホテル内6階に移転しました

中国 大連HIS営業所
大連にあるHISの代理店


2020年1月10日

2020年1月より、留学生は入学申請時に留学先の大学へ顔写真データ(JPG形式)の提出が必要となりました。

中国政府の新規則に2020年1月からは中国へ渡航する留学生は「留学生管理システム」に顔写真が登録される事になりました。具体的には入学申請時に下記の顔写真データを提出する必要があります。既に北京の大学では実施されていますが、他の省についても同様の対応になると思われます。(情報元:北京語言大学)

 

顔写真データの条件

  • カラーのもの
  • 背景は白無地、境目の無いもの
  • アスペクト比:4:3
  • JPGで画素数(解像度)*320×240ピクセル以上
  • ファイルサイズ:100- 500KB
  • 首から上の部分が写真の長さに対して2/3以上を占めるもの

※スマホのカメラアプリの設定で画素数を少なくした上でビザ申請用の顔写真を撮影したものをご用意ください。


2020年3月13日

遼寧師範大学から届いた激励の手紙

遼寧師範大学から届いた激励の手紙

  • 国家発展改革委員会は4月27日、遼寧省大連市に「中日(大連)地方都市発展協力モデル区」(以下、モデル区)を設置することを承認し、5月14日にキックオフのテレビ会議を開催した。大連市のほか、上海市、天津市、青島市、蘇州市、成都市も、同様にモデル区の設置が認められた。
  • 大連市のモデル区は、大連金普新区を中心とする約52.92平方キロメートルの区域を対象とし、域内には、新日本工業団地、松木島エリア(化学工業)、西中島エリア(石油化学)、花園口エリア(新材料、バイオ)が含まれる。日本企業との連携を強化しながら、ハイエンド設備製造業、新材料を中核産業として、製品・技術のイノベーション、サプライチェーンの最適化、ファイナンスサービスの充実化により、東北地域の伝統産業のグレードアップを図ることを狙いとしている。
  • 大連市は日本と距離が近く、早くから日系企業が進出し、日本からの対中投資額の10%が大連に集中していることなど、日本との経済的な結びつきが強いことが今回のモデル区設置の背景にあるとされる。5月14日のテレビ会議では、域内で推進中のプロジェクトが報告された(添付資料表参照)。
  • 大連市では近年、日本の各都市との連携を進めている。2020年4月には、医療・医薬・ライフサイエンス分野で日本との交流を強化する方針を打ち出し、医療産業都市である神戸市との交流を重点に置いている。今後、日本の地方都市との連携を模索しながら、ビジネス環境の改善など日本企業向けのサービスを向上させ、日中間地方都市の経済・文化交流を強力に推し進めていくとしている。

遼寧師範大学(大連市)は2021年1月より学費無料によるオンライン授業を開始。参加者を募集しています。(2020年10月23日)

  • 一学期の学習期間:2021年1月-2021年05月或いは2021年3月-2021年7月
  • 二学期の学習期間:2021年1月-2021年11月或いは2021年3月-2021年1月
  • 募集要領
  • 対象年齢:35歳以下。
  • 一学期申請者:HSK成績は3級180点に達し且つHSKKの成績保有者。
  • 二学期申請者:HSK成績は3級210点に達し且つHSKKの成績保有者。
  • 教育方法:オンライン授業
  • 受講費用:無料
  • 申請受付開始:2020年11月8日
  • その他:全課程修了した者は遼寧師範大学より修了証が発行される。その他、相応の単位が与えられる他、2021年度、同校孔子学院奨学金プログラムに参加申請する際に優先採用の資格を得ることができる。
  • 入学申請取次手数料:20,000円(税込)