留学生活必需品


  • 大連では大抵の日用品は現地で買いそろえる事ができます。日本からあれもこれもと持ち込まない事をお勧めします。
  • 海外で購入したスマホは日本で使用できない場合があります(日本での機器認定がない機器を使用すると電波法違反になります)

中国留学生活必需品一例

  1. スマートフォン:アイフォーンでもアンドロイド系でも構いませんが日本でSIMロック解除が必要です。SIMロック解除は即日有効とならない場合がありますのでご注意下さい。※アイフォン「6」シリーズはSIMロック解除が出来ません。
  2. 電子辞書:必須に近いアイテムです。
  3. ノートPC(一例:富士通/Win10/Office2019/26,900円)またはタブレット端末:受業では使いませんがあれば何かと便利です。
  4. 衣類:秋入学の場合、地域によってはニット帽や手袋、マフラーなどが必要になります。
  5. リュックサック:性別、年齢に関係なく必須?(なにかと重宝します)
  6. 鍵のかかるスーツケース:授業中に係員が寮の部屋へ掃除に入ります。(6,000円位からあります)
  7. 綜合感冒薬整腸薬(正露丸)痛み止め薬(鎮痛剤)など。マキュロン(なにかと重宝します)
  8. 乾燥防止対策:リップクリームハンドクリームなど。
  9. 日本茶(テイーパック)、ふりかけ、わかめスープの素など
  10. クレジットカード、国際デビッドカード 渡航時の現金とカード
  11. 戸籍抄本1通(パスポート紛失の際に必要となります)
参考
  • 中国語の電子辞書はカシオに限ります。シャープ製とキヤノン製はお勧めしまん。
  • 新コルゲンコーワうがいぐすり:風邪予防にバッチリ。(1本で1年近くもちます)
  • 入学申請代行をご利用の方にはご希望により留学必需品のチェックリストをご提供します。



LANアダプター

  • タブレット端末や薄型ノートPCを有線(ケーブル)でインターネット接続する際、機器本体にUSBポート(USBの差し口)が無い時に使うアダプターです。中国の大学寮内でWiFiの通信速度が遅い場合はケーブル接続で多少改善できる場合があります。部屋で長いLANケーブルが必要となった場合は現地で購入すれば安いです。
中国留学必須アイテム LANアダプター


中国の電圧(中国の家庭用電圧は220Vです)

  • 日本で売られている電化製品の多くが100V対応のため中国ではそのまま使えません。 
  • 海外対応(100~240V)の家電品:ノートPC、シェーバー、携帯電話充電器、電子辞書など。 
  • 海外非対応の例:ヘアードライヤー、ヘアーアイロン、炊飯器等  ※大学寮の部屋の中には電気ポットがあります
  • 寮内ではヘアードラーヤー以外で熱を発する電化製品は使用禁止です。 
  • 変圧器と海外用のプラグと間違える方がいらっしゃいますので注意して下さい。

これはプラグです! 

(変圧器ではありません)

  • 大連の2大学の寮では日本と同じ2相式(写真A)のプラグが使えます。
中国留学必須アイテム 海外対応プラグ
海外対応のプラグ


海外旅行用の変圧器

  • 家電製品は付属のACアダプターに100‐240Vと書いてあれば中国でも使う事が出来ます。非対応の物を変圧器を通さずに中国で使うと煙が出るか焦げ臭くなり瞬時に壊れます。
中国留学必須アイテム 変圧器


対応電圧の見分け方

  • 機器本体またはアダプターにAC100-240Vと書いてあれば変圧器を使わずにそのまま中国でも使用できます。
中国留学 PCアダプター対応電圧


日本から中国へ荷物を送る(EMS/船便)

  • 時間的な余裕があるのであれば船便🚢が安くお勧めです。(所要日数は最寄りの郵便局で確認して下さい)
  • 中国の通関検査では、ほぼ全数が開けられて中身をチェックされます。
  • 大学によって荷物受取専用の指定住所があります。

中国から日本へ荷物を送る(EMS/船便)

  • 船便🚢が安くてお勧めです。留学終了後に日本へ荷物を送る場合、荷物に何か問題があった時など、中国の郵便局は本人と連絡が取れなくなるため、送り主の電話番号を日本から微信などで連絡が取れる現地中国人(友人など)のものにしておくのが無難でしょう。(大連から約15.5㎏の本を船便で送った費用は337元)※貴重品の発送は避けましょう。
中国大連北京上海留学 生活必需品 EMS便 SAL便
中国(大連)の郵便局から船便で荷物を送る伝票