冬期(夏期)短期講座へ参加の費用試算

2017年2月-3月に開かれた大連外国語大学の冬期短期講座(4週間)参加費用の目安です。

 

※大連外国大学の短期講座は入門~初級レベルの学習となります。


下記の留学費用シュミレーションは、往復航空券や海外旅行保険の他に寮生活での食事(3食)、携帯代、Wifi費用、家庭教師費用なども含めものです。(実際に想定される費用のシュミレーションです)

 

※大空港への到着は午後になる事が多くフライトの遅延も考えられます。よって到着後数日間は交通の便の良いホテルに宿泊して頂き、

 平日の朝に出発し大学に向かいます。※宿泊は1泊で構いません(大連外国語大学と北京言語大学は空港から車で1.0~1.5hかかります)

(土曜、日曜、祝日の入学手続きはできません)

 

寮退去の当日に帰国しようとすると、行き先空港によっては大学を早朝に出発する必要があるため寮の退去手続きが出来なかったり短期講座の終業式に参加できない場合があります。事例として中部国際空港行きのフライトは午前8時頃のため大学を朝5時に出発する必要がありますが当日退寮手続きができません。そのため帰国前日にホテルの宿泊費用を含めています。

中国短期留学費用シュミレーション
大連外国語大学 春休み短期研修の費用シュミレーション

 費用項目別内訳

    ①寮費関係:24,480円         

 ②出発前準備:115,470円

 (保険、サポート、ビザ他) 

 ③学費関係:95,400円            

 ④食費関係: 20,400円            

 ⑤渡航費:87,400円

 ポイント!

・北京や上海の有名大学と比べると学費は2/3程度の水準です。

・ご自身で支払分については詳しくアドバイス致します。

 ビザの取得海外旅行保険航空券の購入やホテルの予約など。 

・航空券はなるべく早く予約した方が安いです。※特に夏期講座の場合

・帰国前のホテル宿泊は任意です。※終業式当日の午前便で帰国する場合は注意!

・帰国時の片道送迎は任意です。(大学→ホテル、ホテル→空港)

 

上記の試算は一例です。ご希望により出来るだけ詳しくシュミレーション致しますので、お気軽にお問合せ下さい。



 食費の目安

1日40元程度です。(1週間‐300元、1ケ月‐1,200元が目安です)

3食を学生食堂でガッツリ食べて25元程度。ジュース、お菓子や果物類他10元。

缶ビールが1本が3元くらいなので毎日1本飲んだとして3元×30日=約90元/月です。(1,600円弱)

※飲み水は大学施設内に無料サーバーが置いてあります。

 予備費の目安

学内で仲良くなった友達と買い物や外食に出かけたり、一緒に国内旅行をする事もあるでしょう。この他に家庭教師を頼む方もいらっしゃいます。4週間程度の短期留学であれば40,000~50,000円(日本円)あれば十分に足りるでしょう。※個人差があります。

  学生食堂の食事例(学食に関しては他の大学も似たような価格です)

大連外国語大学 遼寧師範大学 学食メニュー
学食メニュー

魚餡かけ、ゴーヤと大豆炒め、コーンサラダ、ご飯

(8.5元=約145円)

大連外国語大学 遼寧師範大学 学食メニュー6元
学食メニュー

鳥の唐揚げ、野菜サラダ、卵ワカメスープ、ライス

(6元=約100円)

大連外国語大学 遼寧師範大学 学食メニュー7.5元
学食メニュー

肉野菜ラーメン

(7.5元=約127円)

大連外国語大学 遼寧師範大学 学食メニュー3元
学食メニュー

ワンタンスープ、卵焼き

(3元=約50円)

大連外国語大学 遼寧師範大学 学食メニュー3.5元
学食メニュー

焼餅、野菜サラダ、卵スープ

(3.5元=約60円)