サポート対応例(北京言語大学は除く)

要望1

日本食(お刺身、煮物など)が安くて美味しい店を紹介してほしい。


対 応

ポート料 無料当センターの現地スタッフがお客様のリクエスト内容をお聞きし、大連駐在の日本人サラリーマンが良く利用する日本食のお店をピックアップして何店かご紹介しました。中国では「中国人に人気のある日本食店」と「日本人駐在員がよく利用する日本食店」では、調理法や味、値段が異なります。中国大連は日本語のフリーペーパーが充実しグルメガイド情報は溢れています。(残念ながら旅順は数店)  しかし中には料理が写真と違う、舌に合わない、値段にびっくり ! と言う店もあります。

要望2

中国で理髪店に行きたいが、希望のカットスタイルを中国語で説明してほしい。


対 応

サポート料 無料お客さまからヘアースタイルのご要望を詳しくお聞きして、中国語に翻訳した内容を「微信(中国版LINE)」で送信。

お客様は美容師にスマホの受信画面を見せ、書かれている中国語の要求通りにヘアーカット。

お客様が男性でカットスタイルの要求が少なかったこともあり、大変満足されたご様子でした。一番のおすすめは、ご自身でお気に入りヘアースタイルの状態をスマホで何枚か角度を変えて撮っておき、現地で美容師に見せてカットしてもらう方法です。

要望3

中国のネット通販を利用したい。

お客様A:タブレット端末、お客様B:化粧品、お客様C:Tシャツ類、お客様D:日本の調味料(輸入品)


対 応

サポート料 無料お客様がご自身で中国のネットサイトで探した商品を、お客様に代わってネットで購入し、学生寮まで発送しました。

同じ品物でも中国人に任せれば違うサイトでより安く探し当てるでしょう。高額商品の場合は先払いをお願いする事もあります。

また、どこかで待ち合わせして品物を直接手渡しする場合はその場所までの交通費を頂く場合もありますが、まずは現地スタッフとご相談願います。

要望4

中国(大連)でパスポートを紛失した。

(これは某国留学生の事例ですが年間数件発生します)


対 応

サポート料 400元弱通訳兼道案内として延べ3日間同行。最寄りの派出所に行き紛失届けを提出し受理証明を受け取ります。次にそれを持って大連入国管理局で所定の手続きを行い、後日改めてパスポートの紛失証明書に相当する、「護照報失証明」と言う書類を受け取りに行きます。次に領事館事務所に行き、必要書類と写真を提出しパスポートの再発行申請をします。

待つとこ数日、晴れてパスポートの再発行となります。流れを非常にシンプルに書きましたが、書類に少しでも不備があれば派出所と入国管理局で書類が受理してもらえず、また、本国の戸籍を証明する書類(日本人の場合は戸籍抄本)も必要となります。

最終的にパスポートの再発行を受けたのは1ケ月半後。再発行にかかった費用はサポート料とは別に各交通費及び入国管理局等に支払う手数料、必要書類の取り寄せ、通信費等の実費で約2,000元。

中国(大連)入国管理局。大連駅から北へ車で30分、2009年頃に市内中心部から移転

大連外国語大学-遼寧師範大学 留学サポート事例 パスポート紛失
大連入国管理局
大連外国語大学-遼寧師範大学 パスポート再発行手続き
大連入国管理局内のビザ発給コーナー

要望5

留学ビザ更新時は帰国できない!国内旅行でホテルに泊まれない?


対 応

サポート無料。中国のパスポートに関連してもうひとつ。学生ビザの更新や新たに取得する際はパスポートを入国管理局に預けます。(この間は帰国できません)

実際に中国での留学生活を送ると分かってくるのですが、ビザの更新時期と中国の大型連休や大学の夏休み冬休みとが重なる事が多く、せっかくだからと仲間と中国の国内旅行を計画しても、パスポートが無ければ中国国内線の飛行機や新幹線には乗れずホテルにも宿泊できません。

 

中国にいるのにこれではもったいない!学生ビザの発給手続中は入国管理局が出す「外国人签证证件受理回执」と言う書類を持ち歩けば大丈夫です。但しこれが万能かと言えばそうではありません。中国 国内の旅行先が地方都市や辺鄙な場所だと「外国人签证证件受理回执」を提示してもホテル側が宿泊を拒否するケースがあります。(見慣れない書類は信用できない!やはりパスポートが無ければ宿泊できませんよ!といった感じです)

 

留学生から電話を受けホテル側と交渉した結果、無事に宿泊できたと言うケースがありました。一時的にパスポートが無く、外国人签证证件受理回执を代用してホテルに宿泊する際は、旅行会社を通じて事前にホテル側の了解を取っておきましょう。

(外国人签证证件受理回执) ※これがあっても国際線には乗れません。

大連外国語大学-遼寧師範大学 パスポート更新中の旅行 外国人签证证件受理回执
外国人签证证件受理回执

要望6

中国 留学中のケガ、病気。


対 応

サポート料 無料 ある週末に大連の中心部に遊びに来て食事をしたが、下痢とおう吐が止まらないと言う方がいらっしゃいました。

その方は近くのホテルに駆け込みトイレの中で出すものは全て出し切ったのですが、気分が悪く冷や汗が止まらない様子でした。

サポートとしてはタクシーには自力で乗れるとの事でしたので、電話で大連市内にある大きな病院に誘導。その間にその方が加入している海外旅行保険の保険会社名を聞き、保険会社が指定する医療サポート会社のスタッフに直接電話し医療通訳を依頼。病院玄関で待機してもらい、合流後すぐに治療を受け事なきを得ました。 

 

その方は24時間の点滴を受け翌日無事に退院されました。中国でケガや事故が発生し海外旅行保険のサポートデスクに電話した場合、慣れない土地で自分の居場所を電話の相手へ正確に伝えるのは難しいものです。保険会社は地元の大病院と提携していますが、どこも病院にも日本語が話せる職員はまず常駐していません。

 

海外旅行保険を使う場合、保険会社毎に専属の医療サポート会社が存在し、そこから派遣された医療サポートスタッフが通訳として動いてくれます。一刻を争う状況下では、保険会社に電話してイライラ待たされるよりは保険会社毎の専属サポート会社に直接電話したほうが早く対応できる場合があります。(この辺は互いの信頼関係で成り立っています)

日本の保険会社より委託を受け、実際に大連で医療サポートの仕事をされている中国人を何人か知っていますが、元看護婦の方で、親日の方が多いようです。

 

留学生活では慣れない環境下、若い方でも体調を崩される方がいらっしゃいます。中国では高度な治療を受けるにはお金が必要です。言い方を変えればお金があるかないのか分からない相手には高度な治療や検査、手術はしてくれません。万一の時には海外旅行保険の保険契約証を見せて費用は保険会社から出るから治療を優先してほしいと言う中国語での意思表示ができるようにしておきましょう。海外旅行保険の保険契約証は英語表記ですが、当センターでは中国語表記で印刷されるオリジナルのセーフティテイカードエクセル版をご用意しています。

海外旅行保険の保険契約証の控えです。クレジットカード付帯の海外旅行保険ではこのような保険契約証はありません

保険会社のサポートデスクに電話する場合、保険証券番号の代わりにクレジットカードの会員番号を伝える必要があります。

(保険契約証は通常英語表記です)

大連外国語大学-遼寧師範大学留学 海外旅行保険保険契約証
海外旅行保険、保険証券(損保ジャパン日本興亜)

要望7

中国 大連で迷子になった。


対 応

サポート料無料。大連外国語大学に来たばかりの日本人留学生から「道がわからない、迷子になった」と言う電話を受ける事があります。

一例としては「大連外国大学行きのバス停が分からなくなった」との事でした。居場所を聞くとさほど遠くない場所にいらっしゃったので大連駅前の「平安国際」と言う大連銀行が入居するビルまでタクシーでの移動をアドバイス。

 

大連に来られたばかりの日本人にとってこれは無理もないのです。なぜなら大連の中心部は高層ビルが立ち並んでいて視界が塞がれたり、大連駅前では地下街を抜ける事が多いのですが、地下4階延べ床面積が東京ドームの数倍ある駅前地下街に一旦入ると、慣れないうちは近くの目的場所まで歩いて辿り着く事ができません。大連外国語大学行きのバス停は「平安国際」と言う高層ビルのすぐ東隣にあります。平安国際」から大連外国語大学まで専用バスなら8元ですがタクシーだと150元位かかります。

大連「平安国際」ビル。トップフロアにある大連銀行の看板が目印。写真の向かって右側が大連駅方面ですが、高いビルが立ち並んでいます。

大連外国語大学留学 大学行きのバス停 平安国際
大連「平安国際」ビル
大連外国語大学留学 大学行きのバス乗り場風景
平安国際(ビル)東隣にあるバス乗り場

大連外国語大学(敷地内)から「平安国際」付近までの各バス停の写真。バス停の名称を言えるように発音練習もしておきましょう。

慣れないうちは現地サポート員と電話で発音練習もOKです。

日本のバスと違い運転手が「次〇〇だけど、降りる人いる?」と大声で聞いてきます。聞き取れず返事をしなければ止まってくれません。

大連外国語大学留学 キャンパス内のバス停。
大連外国語大学→大連中心部までの専用バス。
大連外国語大学の専用バス 大学敷地内より出発 
大連外国語大学の専用バスの乗車券

要望8

WiFiが繋がらない。Twitter、Facebook、LINE、G-mailが使えない。


対 応

サポート情報:大連外国語大学と遼寧師範大学内のWiFi接続画面の写真をご覧下さい。スマホやPCでこの画面を見つけたらIDとPWを入力するだけで繋がります。しかしTwitter、Facebook、LINE、G-mailなどは中国政府がアクセスを制限しているため使用できません。

どうしても必要だと言う方はに渡航前にVPN契約をお勧めします。

要望9

X2ビザで入学(入国)したが、居留許可を取るために健康診断を受けなければならない。


対 応

サポート料:2時間ちょっとで100元。(検診料は約500元)

検診センター(辽宁出入境检验检疫局)へお連れし受診して頂きました。診断結果は後日ご自身で取りに行かれました。参考ブログ

大連外国語大学-遼寧師範大学留学 健康診断センター
遼寧師範大学からなら地下鉄で行けます。10番目の駅「会议中心」で下車、約40分かかります。
大連外国語大学-遼寧師範大学留学 ビザ延長の健康診断
まだ新しいエリアのため綺麗な街並みです。
大連外国語大学-遼寧師範大学留学 検診センター
5分ほど歩きます。まだ整備されてない道を通りますが、ご心配なく!健診センターは新しい施設です。
大連外国語大学-遼寧師範大学留学 居留許可の検診センター
中国人が日本に留学する時などもここで健康診断を行います。

要望10

大連市内のユニクロに行き買い物をしたい。

2時間程度付き合ってほしい。また、衣類のみならず化粧品や小物類など女性ならではの買い物に付き合ってほしい。


対 応

サポート料100元。(専門の通訳業者に頼むと 2時間で300元が相場ですサポート としては日本語の堪能な中国人(女性)をご紹介し、大連駅近くで待ち合わせ後に2時間少々同行しご案内をさせていただきました。このように同行を必要とするケースでは、現地スタッフと事前にサポート料をご相談の上サポート終了後に直接現地スタッフへサポート料をお支払い頂きます。

 

電話や微信、ショートメールでご相談を受ける場合は基本的に無料です。現地サポート員が赴く場合は基本的に有料と考えて下さい。買い物や食事の同行は大歓迎です。サポート中はサポート員と中国語でのやり取りも交え会話練習に役立てて下さい。

 

※当センターでは出動が伴うサポート料の目安は50元前/hです。サポート内容や時間帯、状況により異なる事がありますので、まずはお気軽に現地でご相談願います。