短期団体現地サポート(大連の2大学のみ)

 夏期/冬期短期講座へ同一組織(大学、企業、団体等)で同一期間留学された場合、基本的な現地サポート項目の内、空港でのお出迎えや

 入学/入寮時の手続きを除いた現地サポートとなります。サポート項目が少ないため通常より低めの価格になっています。

 ※サポート料の詳細については資料請求/お問合せよりお問合せ下さい。

 

 適用条件:3名様以上の団体で同一講座を受講。

 サポート期間:最長6週間。

 

   具体的なサポート内容

 ・留学終了までの期間、大学の内外を問わず日常生活の疑問や困りごとのご相談に応じます。

 ・中国国内旅行や買い物や各種手続きのご相談を専門的にサポート。

  現地サポート員が赴く場合は交通費等の実費や最低限の追加サポート料が発生しますが、お気軽にご相談下さい。

 ・留学期間中に大学の内外を問わず万一お客様の緊急時には、現地サポート員が各大学び、OGやOB、医療機関、お客様が加入された

  海外旅行保険の保険会社、関係機関と緊密に連絡を取り最大限お客様の安全確保に努めます。状況により現地サポート員が駆けつけます。

 

  ※「現地サポート「サポート料に含まれるもの」内、 及び ⑤のみとなります。

  ※空港でのお出迎え及び両替手続き、入学手続き、入寮手続き、銀行口座開設手続き、SIMカード購入手続き、日用品の買い物同行等の

  サポートは含まれません。

 

 短期団体留学サポートの必要性について

     両大学と提携している日本の大学から夏期・冬季(定期)講座にグループで参加される場合は、日本語学科の学生がボランティアで

       入学 手続きなど一部のサポートしてくれる事があるようですが、学外(大学キャンパス外)で起こりうるトラブルなどについては

       ボランティア任せと言う訳にはいきません。

 

       短期講座に参加した日本人大学生は入学後、生活にも慣れてきた頃に余暇を見つけ大連市中山区方面(繁華街)に数人のグループで出か

       ける事もあろうかと思います。フィールドトリップ(留学プログラム内で設定した小旅行)であれば引率者が付いているので心配はいら

       ないと思いますが、週末等の自由行動までは目が行き届かないため引率ご担当者様としても何かと注意を払う事もあるのではないで

       しょうか?

 

       ボランティアの学生では大連市の中心部に土地勘がない事があり道に迷った時など電話での道案内誘導が困難なケースがあります。

       特に大連外国語大学の留学生は日頃、大連市内中心部に出かける機会が少ないく、その他予期せぬトラブルが発生した場合、状況に

    よっては大学事務局の他に警察、救急、病院、保険会社等と連携して対応しなければなりません。

       当センターの大連事務所には日本語が流暢なスタッフが、常時待機し大連市中山区方面もサポートカバーしています。

 

   お申込み方法及びご利用条件

    1.当センター所定の「短期団体現地サポート申込書」のご提出。(組織の代表者名1通で可)

    2.短期留学参加者のプロフィール表のご提出。(別紙連記式)

         ※参加者のパスポート情報、海外旅行保険加入状況、携帯電話番号等が必要です。

    3.参加者全員にWeChat=微信と呼ばれるSNSアプリをスマホにインストールして頂きます。

         WeChat=(微信)は中国ではメジャーなSNSアプリです。※中国ではLINEが使えません。

   

    オリジナルの「セーフティカード」の進呈

       短期団体現地サポートをご利用の方全員に各自がご自身で加入された海外旅行保険の保険会社名、証券番号、中国国内及び日本の緊急

       連絡先をご自身で入力するセーフティカードエクセル版を進呈いたします。印刷するとご自身で入力した項目及び大学の24時間緊急連絡

    先の電話番号と共  に次の内容が中国語で表記されます。海外旅行保険の保険契約証と共に携帯し※緊急時に提示して下さい。

    1.「緊急で病院に搬送してほしい」

    2.「記載の関係者に電話してほしい」

    3.「かかる費用は保険会社の保険金で賄われる」

         ※緊急時:交通事故や重篤な病気で緊急搬送が必要な場合。