スマホアプリの準備


中国の留学生活で必須スマホアプリの一例です。微信いついては「携帯/ネット/VPV/微信」でも紹介しています。

1.微信(WeChat)

 中国北京大連上海留学 必須アプリ 微信
微信(WeChat)
  • 微信(WeChat)は世界で11億人以上が利用しているSNSアプリです。中国ではLINEが使えないためメッセージアプリとして広く利用されています(但し中国政府の検閲有り)。無料通話機能が付いているので日本との実質無料通話も可能です。この他にお財布アプリとしてコンビニ、学食、水道光熱費、携帯通信料、ネット購入代金など、あらゆる支払いシーンでキャッシュレス決済に利用できます。微信(WeChhat)


2.支付宝(アリペイ)

 中国北京大連上海留学 必須アプリ 支付宝
支付宝
  • 支付宝(アリペイ)は中国で微信と並ぶ2大お財布アプリのひとつです。メッセージアプリとしては支付宝よりも微信の方が機能が充実しているものの、支付宝は銀行振込や個人間の送金が可能な他、金融商品(定期預金)などが充実している点が特徴です。微信があれば特に必要ないかもしれません。支付宝(アリペイ)


3.中国語キーボード

 中国北京大連上海留学 必須アプリ ピンインキーボード
Googleキーボードアプリ(ピンイン)
  • 中国語キーボードアプリ:微信やショートメールを打つ際にピンインでの入力を習慣づけすれば中国語の上達にも繋がります。アンドロイド系、アイフォーンとも無料のキーボードアプリがありますので、ダウンロードしておくことをお勧めします。※中国ではGoogle Play ストアなどは繋がらないため出発前にダウンロードしておきましょう。


4.VPNアプリ(スマホ用)

  • 中国ではgoogleのアプリ(Google検索、gmail)や、LINE、Facebook、Twitter、インスタグラムなどのSNSアプリは利用できません。また2017年よりYahoo検索も使えなくなりました。これらを使うためにはVPN通信が必要になります。GoogleストアやApp Store-Store(アップル)でスマホ向けに無料のものがいくつかあります。

 中国北京大連上海留学 必須アプリ VPN
 中国北京大連上海留学 必須アプリ VPN
中国北京大連上海留学 必須アプリ VPN


5.百度地図

中国北京大連上海留学 必須アプリ 百度地図
百度地図
  • 中国版Google+Googleストリートビューです。ダイレクトに目的地名称を検索をすると住所と距離が表示され、到这去(ここへ行く)」をタップするとルート検索結果を表示。移動手段は車・公共交通機関・徒歩などから選ぶ事ができ、車を選択した場合は迎えに来るタクシーを呼び出す事もできます。この他、現在地からCoffee、Hotel、地铁、饭馆などと検索すれば最寄りの施設を表示してくれます。