大連さくら留学センター

※キーワードでの検索にはページ上部のカスタム検索をご利用ください。(例:入学申請  寮予約  ビザ  学費  留学費用  スマホ   HSK  スポーツジム等)  

中国大連 留学
大連市内中心部にある中山広場


1.中国の人気留学先 大連!

中国の人気留学先ランキング(All Aboutより)

 

 

第1位:北 京 市

第2位:上 海 市

第3位:大 連 市(遼寧省)キラキラ

第4位:ハルビン市(黒竜江省)

第5位:台 北 市

 

遼寧師範大学への留学
大連にもパンダがいますよ!🐼🐼🐼

留学先に大連をお勧めする理由

  • 北京、上海は政治や経済の中心ですが、滞在すると物価の高さや、特に北京の大気汚染を痛感すると思います。

     

  • ハルビン(哈尔滨)はきれいな普通語を話す地区として有名であり物価も安いのですが冬は氷点下25℃近くになり、また日本との交通の便が決して良いとは言えず留学先としては現実的でないような気がします。

     

  • 台湾は親日派も多く日本人が暮らしやすい街ではありますが、簡体字ではなく繁体字を使う事や、発音が中国大陸の標準語と少し違う事などを考慮して私どもではお勧めしていません。

     

  • 大連は中国国内でも有名な観光都市のひとつです。空気は北京や上海に比べ格段に綺麗で、親日家が多い事で知られ、治安の良さや物価の安さ、生活環境などのバランスが良く、中国への語学留学をお考えの方に自信を持ってお勧めします。

大連 空と海のガイドブック 」抜粋 

大連市の緯度は仙台市とほぼ同じ。


2.大連市のサポート2大学

大連にある大学の日本人留学生(平均在籍人数)

大連外国語大学留学案内
大連外国語大学(大外=ダーワイ)

大連外国語大学は1964年に周恩来総理の下で大連日本語専門学校としてスタート。中国4大外国語大学の一角です。


遼寧師範大学留学案内
遼寧師範大学(遼師=リョウシー)

遼寧師範大学は1951年に創立された総合教育大学。卒業後に留学生向けの漢語教育に従事している老师も大勢います。


  • 黒色:大連駅空港から車で約45分)
  • 赤色遼寧師範大学空港から車で約30分)キラキラ
  • 青色:大連外国語大学(空港から車で約80分)キラキラ
  • 緑色:大連交通大学(大連駅から車で約30分)
  • 水色:大連連理工大学(大連駅から車で約40分)
  • 紫色:東北財経大学(大連駅から車で約40分)
  • 桃色:大連民族大学(大連駅から車で約90分)
大連外国語大学と遼寧師範大学の留学案内
clickで拡大

北京や上海だけが中国じゃない(中国不仅仅有北京和上海)

  • 中国語を身に着けるために留学先を北京や上海だけに拘る必要があるでしょうか?中国の外国人向け漢語教育の現場では全国共通の教科書(中国語口语速成、发展汉语、桥梁)を使うなど教え方がある程度画一化されています。北京や上海の有名大学でなけば中国語が身につかないと言う事は決してありません。

①大連は物価が安いんです!

  • 学費、寮費は北京や上海の有名大学と比べ1/2~2/3程度です。その他に渡航費、一時帰国費用、保険料、一般的な食費、携帯料金等を含んでも※年間120〜150万円程度です。※留学費用は学費の他に寮の部屋の種類により大きく違ってきます。また、為替レートの影響を受ける点にもご注意下さい。

大連の物価目安(1元=17円)

  • 「タクシー料金」10元(初乗料金)
  • 「くだもの関係」  3~15元/500g
  • 「学食1食平均」  8~10元
  • 学生寮の寮費」60~100元/日(1人部屋)
  • 家庭教師費用」25~35元/H
  • 携帯電話料金」50~70元/月
  • 「日本食ランチ」30~40元/1食 (学外)
 遼寧師範大学の学食例:ごはん0.5元+野菜炒め2元+豚肉野菜スープ3.5元=6元 他の学食例はこちら
白米0.5元+野菜炒め2元+豚肉野菜スープ3.5元=計6元(clickで拡大) 
遼寧師範大学 大連外国語大学 学食
白米0.5元+鳥唐揚3元+サラダ1.5元+スープ1元=計6元(clickで拡大) 
大連中山区にある日本食レストランのランチメニュー(30~40元が相場です)大連の日本食
日本食ランチメニュー、相場は30~40元(2018年1月撮影)

②大連は空気が綺麗な街

  • 北京や上海に行かれた事がありますか?夏場以外で1日中青い空を見る事が出来る日は平均すると1ケ月の内で1週間あるかないかでしょう。特に北京はPM2.5による大気汚染が深刻な状況です。大連市は海岸線に面している事もあり、北京や上海と比べれば空気はかなり綺麗です。(2022年の北京冬季五輪に向け北京周辺の河北省は環境対策に力を入れるはずですが、、)

中国のPM2.5

北京ではこのような光景が珍しくありません。sao☆


③大連は発音が綺麗な街

  • 中国では標準語を『普通话=pu tong hua』と呼びます。(「北京語」と「普通话」は多少違います)
  • 中国政府が全国基準となる言語を策定する際に「北京語」と「ハルビン地方の言葉」の良いとこ取りをして完成させたものが『普通话』です。大連は地理的にハルビンと近い事もあり、『普通话』を話す人が多いと言われています。※中国国営テレビ(CCTV)にはハルビン出身のアナウンサーが多く在籍しています。

④大連は親日派が多い!

  • 大連は親日派の中国人が多い事で知られ、日本人が暮らしやすい中国の都市ランキングで常にベスト5に入ります。大連市の治安の良さは国内でもトップレベルです。日本貿易振興機構JETRO大連事務所の所長安藤勇生氏が雑誌インタビューで大連について答えています。インタビュー内容 →  Wenever大連ローカル

     

  • 大連には経済開発区と呼ばれる大規模な工場団地群があります。そこには多くの外資企業が進出しローカルのスタッフが働いています。その中でも日系企業の数が一番多く、そこで働く中国人が日本人と日本の企業文化を通じて「日本」への理解を深めています。

3.その留学情報は古くないですか?

  • 中国の留学サイトは情報が多ければ多いほどメンテナンスに手間がかかります。中国は急速な経済発展と伴に、特にインフラ環境の変化がとても早いためです。

     

  • 他の留学サイトの中には学費や入学条件などが更新されておらず、中には10年以上も前のデータや大学の写真が使われているケースがありますこれらをあてにしたのではせっかくの留学計画も台無しになりかねません。大学選びにあたっては多くのサイトに目を通して出来るだけ新しい情報をゲットしましょう。比較的新しい現地の情報としては下記の通りです。
  1. 大連外国語大学は2013年に大連市内中心部から旅順区へ移転し「大連外国語学院」から現在の「大連外国語大学」に改称されています。

     

  2. 大連市は2015年5月に地下鉄が開通し、「大連空港駅 」⇔ 「辽师大站」(遼寧師範大学駅)は乗り換えなしでアクセスできるなど交通事情も様変わりしています。

     

  3. 2017年には「遼寧師範大学の学生食堂」の全館、「華東師範大学の学生食堂」の一部、「北京語言大学のゲストハウス」が、大幅に改装されています。

     

  4. 現在、大連外国語大学と遼寧師範大学の「冬期講座」はありません。 ※大連外国語大学は2018年より中止。

     

  5. 遼寧師範大学の夏期講座は初級-中級-高級のクラス分けがありますが、大連外国語大学の夏期講座は※入門~初級レベルのみです。※一定人数が集まれば初級以上のクラス編成は可能。

     

  6. 中国では外国人による口座開設を拒否する銀行が増えています。留学期間が半年未満の場合は高い確率で拒否されます。銀行口座の開設が出来なければ、お財布アプリによるキャッシュレスでの支払いが出来ません。
  • 「中国への留学を身近に感じて欲しい」
  • 「正確な情報を提供し留学の不安を解消して差し上げたい」
  • 「日本人目線に立った留学サポートを提供して差し上げたい」

これらの思いから私どもは取扱い大学の入学パンフレットを無料公開し、学生寮や学生食堂、キャンパスの写真など出来るだけ多くの情報を掲載しています。


4.中国語(北京語)を話せれば引っ張りだこ?

  • 「日本のみなさん子や孫に中国語を学ばせなさい」と米国の著名投資家ジム・ロジャーズも言っています。中国は輸出、輸入ともに日本の主要相手国であるばかりでなく人口約13億人超を抱えるお隣の大国です。好き嫌いは別にしても日本との相互依存を感じる方は多いのではないでしょうか? 一度インターネットで「中国語の求人」と検索してみて下さい。ヒット件数は驚くほど多いはずです。

     

  • 近年では、チャイナプラスワンと称して生産拠点をASEAN諸国に移転する企業が増えてきましたが、マーケットとしての中国は今後益々世界中から注目されて行くでしょう。日本の金融機関、商社、流通、卸売、建設業、小売業など幅広い業種から、社内の教育研修制度、キャリアアップ制度を利用して語学留学に行かれる方が年々増えています。 伊藤忠商事の取り組み
  • 認定留学として日本の大学を休学して行かれる学生や定年退職後に趣味で中国語の勉強を始る方、職場を早期にリタイヤされた後にスキルアップとして始める方など中国語の学習目的はさまざまです。また、今後、日本でもリカレント教育の重要性が認知されてゆくと考えれられます。会話力を身に付けるにせよ、HSKの資格取得を目指すにせよ、生きた中国語を学ぶためには語学留学を通じて中国の文化や中国人の習慣、考え方を理解する事も重要です。

5.身につく活きた中国語と国際感覚

  • 日本で身につけた中国語(会話)が現地で通じなかった時のギャップは想像以上に大きいはずです。中国語は漢字を使うため日本人には親しみやすいと言われる一方で、発音(四声)が難しい言語です。相手の話すスピードはそれぞれ違いますし、外国人が話す中国語を聞こうとする、相手の聞く姿勢によっても伝わる度合に大きな差が出ます。中国人との会話を通じて「話す力」「聞く力」を磨いて行きましょう。

     

  • ある日、大連の地下鉄新聞に如果说眼睛是心灵的窗户,那么眼袋就是心灵窗台と書かれていました。これを見た多くの中国人はプッと吹き出すかニヤリとしますが、日本人は翻訳を聞いても笑えないでしょう。「教育」「文化」「生活習慣」「価値観」が違うのですから無理もありません。語学は相手国の文化や生活習慣を理解して初めてその意味が分かる事が良くあります。

     

  • 日本にいながらではHSKは5級が限界!と言われる事が多いのはなぜでしょう?中国各地の特色ある建築物、特産品や歴史上有名な物語のストーリー(紅楼夢三国志など)の登場人物、この他、日常的なフレーズや慣用句、中国語特有の二重否定の言い回しなどは頻繁にHSKに出題されます。これらは中国の大学に留学して授業に出ていれば身につくものが多く、日本での勉強とでは明らかに差が出てきます。

英語圏から来ている留学生とネイティブな英会話を楽しむチャンスもあります

  • これまで出会った留学生は韓国、ロシア、米国、イタリア、フランス、ウズベキスタン、コスタリカ、エクアドル、ブラジル、インドネシア、クロアチア、朝鮮、カナダ、ボスニアヘルツェゴビナ、タイなどから来ていました。一歩踏み出し世界の常識に触れてみると、これまでにない国際感覚が身に付き日本人としての誇りが沸いてくると思います。
  • 大学での実際の授業は殆どのクラスが午前中のみです。(本科と一部の非学歴クラスを除く)午後は授業が無く、書道、中国画、太極拳、武術、切り絵、中国結びなどの無料体験学習が用意されています。平日の午後は、これらに参加するのも良し、英語圏から来た留学生と英語でお喋りするのも良しです。

6.認定留学/本科留学について

①単位証明書/終業証

  • 半年(1学期)の短期留学でも出席日数が規定を満たし期末試験を受ければ「修業証」や「取得単位」の証明書、期末試験の「成績証明書」がもらえます。(夏期講座への参加でももらえます)単位証明書と終業証のサンプル

②日本からの認定留学

  • 一般的に日本の大学では半年間講義に出て更にテストに合格し初めて単位『2』が取れますが、日本で通う大学と提携している留学先であれば、留学期間中に取得した単位を日本の大学で認定してもらえる制度です。

③語学本科留学

  • 日本と同様、中国でも本科4年を卒業すれば大学から『学士』認定されます。但し日本人で1年級から4年間かけて卒業される方は殆どいません。渡航前、日本で一定のHSK資格(4級以上)を取り最初から2年級または3年級へ編入されるか、1年級から勉強を初めても1年後には3年級へ編入する方が殆どです。参考:大連外国語大学 本科編入

     

  • 語学の本科留学では一般的に1-2年級で中国語の基礎を固め、3年級へ上がる際に学士課程を選択します。代表的な学士課程コースは①実践中国語コース  ビジネス中国語コース(国際経済、国際貿易等)③中英翻訳コースなどです。

④「語学の本科留学」と「一般学部の本科留学」の違い

  • 語学の本科留学は短期留学と同様に各大学で外国人留学生を受け入れている※中国語学院に進むイメージです。(※漢学院、漢語学院、国際教育学院、国際教育センターなど大学により名称が違います)そのため本科生も全員外国人になります。

     

  • 一般の学部(人文科学系)で留学生を受け入れている大学がありますが、学生はほぼ全員中国人であり授業(講義)は中国語で行われます。入学時の語学レベルの条件としてHSK5級以上としている大学が多いようです。


7.中国での留学生活は全寮制が基本!

  • 中国には約3,000前後の大学がありますがほぼ国立です。外国人留学生の受け入れ許可を持つ大学は限定されています。留学生に対しては安全や高い生活水準を確保させるために学生寮への入居を求めます。そのため全寮制が基本であり、更に中国公安当局へ居住地登録義務があります。
  1. 遼寧師範大学の学生寮は全体には古く感じますが、定期的にメンテナンスが行われ美化は保たれています。
  2. 大連外国語大学の学生寮は2013年に大学自体が旅順区へ引っ越し全ての施設が新しため留学生に好評です。
  • マンション暮らし(学外宿舎)を始めるには大学の許可が必要です。賃貸契約の内容(敷金、礼金、前家賃)や家主との関係、仲介業者の役割、公共料金の支払方法など、日本とはかなり様子が違います。マンション暮らしを始めるのであれば半年程度寮生活を経験してからの方が良いでしょう。参考: マンション生活情報


8.留学カウンセリングは必要?

  • 留学サイトで「カウンセリング」と言う言葉を目にする事があります。(そもそも臨床心理学で使う言葉です)中国語のレベル診断について言えば、これまでどのような環境下でどの位のペースでどの位の期間、勉強されたかを伺えばおおよその見当はつきます。

     

  • 実際に留学すると、入学前に「読む」「書く」「聞く」「話す」により簡単なクラス分けテストを受け、レベルに合った入学クラスが決まります。日本人は漢字がある程度読めてしまうために、総合的な実力よりも上のクラスに割り当てられる傾向がありますが、授業開始後にクラスを変える事も出来ます。渡航前に中国語のレベルを診断するためのカウンセリングなどあまり意味がありません。

 


9.中国にインターンシップ?

  • 中国での「インターンシップ」「ワーキングホリデー」?これらのキーワードを正確に理解されていない方が多いようです。留学斡旋事業者でさえ間違った運用をしているケースが少なくありません。まずは基本を押さえましょう!
中国への留学とビザについて
  • 中国の大学へ留学する場合、学生ビザ(X1またはX2)を取得して渡航します。(2週間以下のノービザで体験留学を受け入れている大学もあります)民間の語学スクールへ留学する場合、学生ビザ(X1,X2)は発給されません。

     

  • 中国では殆どの大学が各大学の規則により外国人留学生のアルバイト行為(有給)を禁止しています。

ワーキングホリデー

  • 日本と中国間(香港と台湾を除く)にワーキングホリデーの協定はありません。「中国+ワーキングホリデー」と言うキーワードを使ったWebサイトがあったら十分に中身をご確認下さい。

インターンシップ

  • 現役大学生(就労経験の無い方)が将来、中国で働きたいと考えて中国でインターンシップを経験したとしても、それが即、その企業(中国法人)への就職(赴任)に繋がるとは限りません。中国で働く(有給)ためには就労ビザ(Zビザ)が基本となりますが、2017年4月より就労ビザの発給要件が厳しくなり新卒者(就労経験の無い方)に対する就労ビザの発給は原則認められていません。(原則、本国で2年以上の就労経験が必要とされています)

     

  • 中国への「語学留学」と「インターンシップ」をセットにした募集プランの中身は、就業体験を受入れる企業と語学スクールなどと提携したパッケージツアーのようなものが多いようです。つまりこのようなケースでは正規の学生ビザで渡航する留学でない事は言うまでもありません。

     

  • 通常、学生ビザで1年間中国に留学した場合、途中に夏休みか冬休みを挟みます。これらの長期休暇を利用して現地のインターンシップ(無給による単なる就業体験)やボランテイア活動に参加する事自体は問題ありません。

10.大連さくら留学センターについて

  • 大連さくら留学センターで取り扱う大学は全て入学パンフレットを無料で公開しています。 
  • 大連さくら留学センターは大連外国語大学、遼寧師範大学公認の留学斡旋事業者です。※正式に業務委託を受けています。 
  • 大連の2大学では留学生活開始後の各種相談困りごとにも対応しています。この他、緊急時には大学の事務局や保険会社、関係当局と連携しサポートします。 
  • 自前で日本語レベルの高いスタッフを配置できる大学を中心に取り扱っています。(北京語言大学のみ外部委託)
  • 定期的に日本人スタッフが大学に訪問し、日本人目線に立った必要情報を更新しています。(日本人スタッフが現地の大学へ定期訪問している留学斡旋事業者は他に殆どありません) 
  • 留学の申込を急がせたり執拗な勧誘は一切行いません。コンプライアンス、クーリングオフ制度、消費者契約法などの法令を順守します。(適性な募集活動を目指しています)
  • 中国に留学される方の中には中国語の勉強をゼロから始める方や、大学で第二言語として中国語を選択中の方(選択されていた方)などそのレベルはさまざまです。1ケ月程度の短期留学では授業に慣れ、寮生活に慣れ、住む街に慣れ、気付いてみたら、終了!と言った感じでしょう。長期の方は別として数ケ月の短期留学の方には留学期間に応じた目標を立ててから行かれる事をお勧めしています。留学を通じて日本では決して出会う事がない良き友人が出来るかもしれません。
  1. パンダを見たい🐼!
  2. まずは中国に触れたい!
  3. 目標のHSKに合格したい
  4. 認定留学として単位が欲しい!
  5. 発音を徹底的にマスターしたい!
  6. 中国人の友達を沢山つくりたい!
  7. 本科留学し学士コースを目指したい!
  8. 1人で旅行できるレベルになりたい!
  9. 世界中から集まる留学生と交流したい!
  10. 来日する中国人を中国語でもてなしたい!

こんなサポートがあったらいいな!など、皆からのご意見ご要望をお待ちしております。(スタッフ一同)